読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフケア その2

 前回は、セルフケアの食事・睡眠まで、話しました。

今回は、運動から始まます。

 

 (3) 運動

  適度な有酸素運動(息が上がらない程度)にはストレス軽減効果があります。普段

  から活動的な生活を送るようにしましょう。

 

 (4) ストレス解消法

  ストレスの対処法としては、行動の工夫、考え方の工夫、リラクセーションの3つ

  があります。

  ・行動の工夫:大きなストレスを感じているようでしたら、そのストレスの原因と

  なる問題を分解・整理し、優先順位をつけましょう。優先順位の高い問題から解決

  策をリストアップして、実行しやすい方法から試すことが効果的です。

  ・考え方の工夫:イライラや不安を感じる場合、その原因として考え方のクセが関

  係していることもあります。仕事がうまくいかなかった原因を過度に自分に求め、

  失敗した状況が今後もずっと続くと考えていませんか?このような時は、別の視点

  から状況を眺め直してみることをお勧めします。

  ・リラクセーション:こころと体の状態は密接に関係しています。リラクセーショ

  ンは、体の緊張を解きほぐすことで、こころの緊張を解きほぐす方法です。

  複式呼吸、アロマテラピー、入浴、音楽などあなたに合ったリラックスの方法を、

  普段から見つけておくとよいでしょう。

  ストレスへの対処では、上記のほか家族、友人、上司や同僚など周りの人に相談し

  サポートを求めることも有効です。普段から気軽に相談できる相手や、信頼のおけ

  る人と良好な関係を築いておくよう心がけるとよいでしょう。

 

3.うつ病のサイン~自分で気づく変化

 もし、以上の項目に当てはまると気づき、仕事や日常生活に支障が出てくるようであ

 れば、うつ病の可能性があります。

 早めに産業医保健師、専門医に相談しましょう。

1)悲しい、憂鬱な気分、沈んだ気分

2)何事にも興味がわかず、楽しくない

3)疲れやすく、元気がない(だるい)

4)気力、意欲、集中力の低下を自覚(億劫、何もする気がしない)

5)寝つきが悪くて、朝早く目が覚める

6)食欲がなくなる

7)人に会いたくなくなる

8)夕方より朝方の方が気分、体調が悪い

9)心配ごとが頭から離れず、考えが堂々めぐりする。

10)失敗や悲しみ、失望から立ち直れない

11)自分を責め、自分は価値がないと感じる

 

自己診断をしてみてください。

三連休の後は体が重く、だるい感じがします。時間を、体をもどすには時間がかかりますが、また夜更かし、してしまいました。

今日はここまでです。