読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康な髪のためのシャンプー

皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まったような状態の場合、皮脂がヘアケア剤の吸収をジャマしてしまいます。

そこで、シャンプーの前に、ココナッツ・オイル、オリーブ・オイル、グレープシードオイル等を頭皮に塗って軽くマッサージをし、皮脂を溶かしたり、フケを除去しやすくしておきます。毛穴がきれいになるとヘアケア剤も吸収されやすくなります。

 

 

<効果的なシャンプーの方法>

     *入浴後・足浴などで温まり、毛穴を開かせるとより効果的!

1)ブラッシング・・・・・・・・頭皮や髪の汚れを浮きあがる汚れが落ちやすくなる

   注意点・・オイルパック (シャンプー前に使う毛穴汚れ(脂)専用ヘアケ剤が

         あります)

2)余洗い約2分・・・・・・・・シャワーヘッドを出来る限り頭皮に近づけて水圧で

                刺激するように下洗いする。

3)シャンプー剤を塗布する・・・よく泡立てる

   注意点・・汚れの一番多い所(後頭部)から塗布していく シャンプー剤を直接

        地肌につけない泡で包み込むようにするのが、コツ

4)頭皮を揉みこむ約5分・・・・毛穴の脂・汚れを揉み出すようにイメージする。

   注意点・・頭皮を傷つけてしまうので、こすらない

5)シャンプー剤を洗い流す・・・充分にすすぐ

6)リンス剤をトリートメント塗布する・・頭皮にはつけない

   注意点・・顔についたら場合は、よく洗い流すシミの原因になる

7)リンス剤を洗い流す・・・・・充分にすすぐ

8)タオルドライ・・・・・・・・数本使用して、髪をたたくようにして水分を取る

   注意点・・頭皮や髪をこすらない

9)ドライヤー・・・・・・・・・頭皮を乾かす

   注意点・・髪に熱風を当て過ぎると痛みの原因になる 水分が残っていると、

        雑菌が繁殖しやすい バリア機能が弱くなる

        *髪が濡れている状態で、クシを入れると痛みやすい

 

この時期の頭皮の状態、臭いなど気になります。まずは、試してみてください。

次回は、ヘッド・トリートメント実技の中から自分で出来る実技をいくつか紹介したいと思います。