読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新入学、新学期、就職とそろそろ疲れた! NO1

 ゛疲労感”感じていませんか?

私の職場にも新卒、就職者が、3名います。私の部署には、配属されていませんが、教育指導中なので、時々頑張っている姿を見かけます。かなり緊張しているようです。きっと家に帰るとぐったりでは、ないでしょうか?昔の自分を思い出します。そこで、今日は、疲労感を和らげる野菜を紹介したいと思います。

春!この時期に美味しい野菜がたくさん手に入ります。以前住んでいた、新潟では、山菜が出始めていました。甘味も苦みも優しく感じました。和え物にしても、天ぷらにしても美味しのです。

4月~出始めて、疲労感を改善してくれる野菜は、キャベツ、レタス、にら、グリーンアスパラガス、少し遅れて出るのがごぼうです。

●キャベツ 芽キャベツ 赤キャベツ(ダイエット、胃腸の不調にも効果があります)

 主な成分:便秘解消や悪玉コレステロールを減らすなど、メタボ対策に効果を発揮す

 る植物繊維、胃腸障害に効くビタミンUが豊富。また、抗がん成分といわれる葉緑素

 やインドール、フラボノイド、スルフォラファンなども含む。

 見分け方:芯が長めのものがおいしいが、芯が2/3以上になると苦みが出るので、注 

 意。外葉はハリとツヤがあり、色鮮やかな緑色なら新鮮。巻きはしっかりとかたいも

 のを選ぶ。芯の切り口は500円玉より少し小さめ、白くてみずみずしく変色やひび

 割れしていないもの。内葉は外葉と内葉の色がくっきりと異なり、すき間なく葉が重

 なったものがおすすめ。重さは同じ大きさなら、重いほどよい。

 *ビタミンC・Uは熱に弱いので、効率よくとるなら生食が一番。ビタミンEは熱に強 

 く、油ととると吸収率が高まるので油炒めなどで。鮮度を落とさずに使うには、葉を

 1枚ずつはがして使う。栄養豊富な外葉は、水でよく洗って塩を加えた熱湯でサッと

 ゆでてから調理すれば、汚れや農薬など気にせず食べられる。

次はレタス!です。キャベツは、肉料理にはかかせない感じがします。名わき役です。